東京/ トータル・リアルティ・アドバイザーズ<不動産の評価・鑑定、購入前調査、相続問題 、土地売買・有効活用、マンション内覧会見学同行など

TOP > 個人向けサービス > 不動産購入・売却の相談

不動産の購入・売却を検討している

ご相談内容

  • 【事例1:購入のケース】
    新居を建てるため、土地の購入を考えている。
    実際に複数の不動産会社をまわり、こちらの条件を伝えて、いくつか候補となる土地を紹介してもらった。とはいえ、最終的にどこに決めればいいか、迷っている。
    土地も資産の一部。できれば今後、価値が落ちにくい土地を購入したい。また、不動産会社からの提示額が適正価格かどうかも知りたい
    (T・Yさんからのご相談)
  • 【事例2:売却のケース】
    資産整理のため、所有不動産の一部を売却することを検討している。
    どの不動産を売り出すのがもっとも良いか。また、売却時期はいつ頃がいいのか。
    現在の不動産市場の状況を踏まえて、高値売却の方法を教えてほしい
    (M・Iさんからのご相談)

ご提案

  • 不動産の価値(価格)を決めるのは、広さや立地だけではありません。
    その土地(建物)の形状や方角、面積、地歴、環境、さらには不動産市場の動向などの要因が複雑に関係しあって、対象不動産の価値は決まります。

    購入・売却どちらのケースでも、弊社では上記の内容について客観的に調査・分析をした上で、
    ○対象の土地(建物)の現在の適正価値(価格)の鑑定
    ○対象の土地(建物)の将来性の予測
    ○売買の最良のタイミング
    などお客様のご要望に沿った内容をご提案しました。

    また、より確実な信用が必要ならば、不動産鑑定評価書の作成も可能であることをお伝えしました。

効果

【事例1:購入のケース】
不動産会社はあくまで「売らんかな」のスタンスで接してくる。となると、必ずしも彼らの提案は客観的とはいえない。
不動産鑑定士に調査してもらったことで、それぞれの土地の客観的価値を把握して比較検討することができ、安心して最も良いと思われる土地を購入することができた。
また、不動産市場の動向を分析した上で、対象の土地の将来性も予測してもらい、安心につながった

不動産会社とは別に、“セカンド・オピニオン”として不動産鑑定士に依頼する効果を実感できた。
(T・Yさん)

 

【事例2:売却のケース】
素人にとって、不動産市場の動向を的確に分析するのは困難なこと。
不動産鑑定士は、売却を予定していた不動産について精通することはもちろん、一般経済や金融市場の動向も把握した上で、対象不動産の現在の価値・将来性を的確に分析してくれた。
おかげで、いつ・どの程度の価格で売りに出せばいいのか、売却のための最良の価格とタイミングを把握することができた
また、将来的に売買交渉を行う際、売却先から確かな信頼を得て交渉をスムーズに進められるように、10万円で不動産鑑定評価書の作成を依頼した。
資産運用の観点から、土地の売買には不動産鑑定士の存在は不可欠だと思う。
(M・Iさん)

○対象不動産の適正な価値(価値)を知ることができる!
○売買のための最良のタイミングを把握することができる!

不動産鑑定を難しく考えずに、まずは不動産鑑定士に相談してください。

無料相談受付中 ネットでのお問い合わせ・相談はこちら